旅行・地域

2008年1月15日 (火)

厄払いの後

厄払いの後、せっかくなので観光をしてきました。

続きを読む "厄払いの後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

お盆ですね。

月曜・火曜と、彼の実家に帰ってきました。

その前に銚子に立ち寄って、ちょっとした日帰り旅行をしてきました。

車で行ったのですが、どこに行っても渋滞、渋滞、また渋滞・・・。

実はお盆に車で移動するのは初めてだったので、甘く考えすぎていました。

もうお盆に車を使うのはやめます。(>_<)

銚子の日帰り旅行については、また時間のあるときに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

美ら島への旅(沖縄・石垣島)

ひと足早い夏休みをとって、沖縄に行ってきました。私は2回目、彼は初めての沖縄です。今回は3連休にからめて休みをとることができたので、4泊5日の長期旅行となりました。あらかじめ知り合いにオススメをいろいろ教えてもらって、石垣島に2泊、沖縄本島に2泊しました。

直前まで沖縄付近を台風が通過していたけど、ちょうど出発の前に抜けてくれて、旅行中はずっといいお天気でした。ちょうど梅雨でジメジメしていたので、カラッとした暑さはよかったけど、太陽がジリジリしていて、あっという間に焼けてしまいました。これで日焼け止めを塗らなかったらどうなったことか・・・。

沖縄は本当に海がキレイですね。旅行中は海岸線をドライブすることが多くて、普段、海とはあまり縁のない生活をしている私は(縁があってもあまりキレイではないし)、沖縄のキレイな海には感動して目が離せませんでした。

残念だったのが、中日に熱を出して寝込んでしまったこと。楽しみにしていたダイビングをキャンセルする羽目になってしまいました。暑さと疲れが原因とはいえ、本当にごめんなさいです。それ以外は、心身ともに(?)癒された、とっても楽しい旅行でした♪

★1日目(那覇経由で石垣島へ)
那覇空港→石垣空港→玉取崎展望台→久保崎灯台→米原のヤエヤマヤシ群落→御神崎灯台→ホテル(石垣島泊)

★2日目(竹富島と石垣島)
ホテル→石垣港→竹富島(水牛車→なごみの塔→コンドイビーチ→カイジ浜→西桟橋)→石垣港→川平湾(グラスボート)→石垣島鍾乳洞→あやぱにモール→ホテル(石垣島泊)

★3日目(石垣島から沖縄本島へ)
ホテル→石垣空港→那覇空港→道の駅許田→ナゴパイナップルパーク→美ら海水族館→ホテル(恩納村泊)

★4日目(沖縄本島中部)
ホテル→万座毛→沖縄工芸村→恩納ガラス工房→ホテル(恩納村泊)

★5日目(沖縄本島南部)
ホテル→平和記念公園→ひめゆりの塔→首里城→那覇空港→(ゆいれーる)→国際通り→那覇空港

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

沖縄に行きます!

まとまった休みが取れたので、旅行に行くことになりました。

行き先は沖縄&石垣島!

今日、旅行会社で申し込んだのですが、希望通りのツアーがなかったので、けっこういいお値段になってしまいました。下手したら海外旅行の方が安いかも(>_<)

FROM 携帯

(昨日コメントしたのに、新着コメント欄に載っていないし、コメント数にもカウントされていませんでした。しかももぶろぐ失敗するし・・・また調子悪いのかな??)

【7月4日追記】
重複して投稿されていた記事は削除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

小樽&札幌 4日間の旅

3月19日から3泊4日で、小樽と札幌に行ってきました。前から「行きたいね~」と話していた北海道。急に5連休が取れたので、あまり考える余裕もなく行き先を決めてしまいました。行く前に見た週間天気予報では、ちょうど中2日の天気が大荒れとの予報。こんなときに限って見事に的中してしまいました。やっぱり私は雨女みたいです(ToT) 初日と最終日は、雪が降らなかったので、思ったほど寒くはなかったのですが、問題の中2日は雪と風がすごくて、もう3月も終わり間近だというのに、マフラーと手袋がないと過ごせないくらい寒かったです。さすが北国。現地の方は薄着でしたけど・・・。今までに、小樽に1回、札幌には2回行ったことがありますが、いずれもゆっくり見ることができなかったので、今回は今まで行ったことのあるところもないところも、ゆっくり回ってきました。あとはグルメ! 北海道なんて滅多に行けないので、かなり奮発しておいしいものをいっぱい食べてきました。もちろん北海道限定キティも大量にゲットしてきました(買い過ぎ)。そして、大きな声では言えませんが、ひとつ年を取って帰ってきました。ではまた後ほど、忘れないうちに、写真と一緒に振り返ってみたいと思います。

★1日目(空港から札幌経由で小樽へ)
新千歳空港→札幌(昼食のみ)→ホテル(小樽泊)

★2日目(小樽市内)
ホテル→メルヘン交差点周辺(北一硝子・オルゴール堂など)→小樽運河→旧日本郵船小樽支店→北運河→ホテル(小樽泊)

★3日目(小樽から札幌へ)
ホテル→北一硝子→白い恋人パーク→大倉山ジャンプ台→時計台→テレビ塔→ホテル(札幌泊)

★4日目(札幌から空港へ)
ホテル→旧道庁→北海道大学→羊が丘→新千歳空港

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月13日 (月)

逃避行?

来週、北海道に行くことになりました。札幌と小樽です。もちろんキティもいっぱいゲットしてきます。ちなみに、逃避行ではありません。誕生日に彼が休みを取ってくれたのです。うれしいような、うれしくないような、複雑な気分です。プレゼントはMP3を買ってもらおうと思います。さて、どこに行くか考えなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

冬の日光 おまけ

20060115 東武日光駅近くのお土産屋さんで、お茶をご馳走になったときに、おいしいお煎餅をいただきました。『日光甚五郎煎餅』というお煎餅です。お土産屋さんのおばちゃんが、どこかの旅館でお茶請けとして出されている、と教えてくださいました。最初、普通の塩味のお煎餅かと思ったのですが、すぐにバターのような風味が口の中に広がって、今まで食べたことのないようなお煎餅でした。食べた感じはサクサクしていて、お煎餅のような、お煎餅じゃないような、不思議な食感です。日光で見かけたときは、ぜひお試しください。オススメです。

※日光甚五郎煎餅を作っている(株)石田屋のHPはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

冬の日光 3日目

3日目は、東照宮をはじめとする二社一寺を回りました。

まずは神橋から。鮮やかな朱塗りの立派な橋でした。ちょうど特別公開されていたので、下から橋の構造を見ることができましたが、何もかもが太くて大きくて迫力がありました。

20060113_1

二社一寺を巡るのに便利な共通拝観券を購入して、日光山輪王寺、東照宮、二荒山神社、日光山輪王寺大猷院を回りました。

一番印象に残ったのはやっぱり東照宮でした。ひとつひとつの彫刻が素晴らしく、それぞれをじっくり見るには時間が全然足りませんでした。今回は事前に勉強して行ったので、普段なら見落としそうなところも、くまなく見て来たつもりでしたが、やっぱりいくつか見落としたところがあったみたいです。意外だったのは、眠り猫が小さかったこと。他の観光客がいなかったら、きっと見落としていました。もう少し大きいと思っていたのは、自分が小さかったからなのかもしれません。

20060113_2

20060113_3

20060113_4 20060113_5

意外に楽しめたのが二荒山神社でした。大黒様やお菓子の神様など、他ではなかなかお目にかかれない神様がいらっしゃっておもしろかったです。ケーキ占いや運試しの輪投げなんていうのもありました。

20060113_6

かなり時間をかけて見たつもりでしたが、帰りの電車までずいぶん時間が余ってしまったので、乗る予定だった特急より1本前の特急で帰ることにしました。ちょっと遅い時間だったので、駅弁が全部売り切れだったのが残念でした。

今回の旅行では、いつもと違ってのんびりすることができて、こういう旅行もたまにはいいなぁと思いました。鼻水が凍りそうなくらい寒かったし(例えが汚くてすみません)、雪であきらめたところも多かったので、最初は「この季節、失敗したかな・・・」と思ったのですが、人が少なかったことや、凍った滝や雪景色など、この季節ならではの日光を味わうことができて、逆によかったような気がします。今度は是非春か秋にもう一度行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

冬の日光 2日目

宿を出て、中禅寺湖畔に並ぶお土産屋さんのうち、「地域限定キティ」ののぼりが立っているお土産屋さんに入って、日光限定と温泉限定のキティを買いました。そのお土産屋さんのショーケースには、全国のキティが飾られていて、お店のおばちゃんが集めているものでした。その中に見かけない日光三猿キティがあったので聞いてみたら、今はもう売っていなくて、ネットオークションで27000円くらいの値段がついていたそうです。すごい・・・。思わぬところでご当地キティ好きな人とお話をすることができました。

キティを買って満足しながら、歩いて華厳の滝に向かいました。エレベーターを降りて展望台に行くと、目に入ってきたのは凍っている滝でした。見事な氷の芸術です。自然ってすごい。ずっと見ていても飽きなかったです。写真では素晴らしさを伝えきれないのが残念です。

20060112_1

20060112_2

華厳の滝を後にして、次は中禅寺に向かいました。当たり前なのですが、中禅寺湖の近くには中禅寺があるんですね。恥ずかしながら今回初めて知りました。その途中に、巫女石という、「女人禁制だった男体山に入ろうとした巫女さんが石に変えられてしまった」という伝説による石がありました。ガイドブックには「「しゃがんでいる女性に見える」と書いてあったけど、私には「荷物を抱えて山に向かう女性」にしか見えません・・・。

20060112_3

歩いているうちに雪が降り出して、風も強くなって寒かったので、途中の喫茶店で一休みすることにしました。その喫茶店からは、中禅寺湖と男体山がパノラマで見ることができて、休憩のつもりで入っただけだったのに、贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

20060112_4

中禅寺では、日光開山をされた勝道上人が彫られた千手観音様が見られました。思ったよりずっと大きくて立派な千手観音様でした。五大堂から眺める景色もまた、パノラマで素晴らしい景色でした。

20060112_5

中禅寺の後は、お昼を食べてからバスに乗って宿に向かいました。いろは坂は、小学生のときバスに酔ってしまった苦い思い出しか残っていませんでしたが、今回は上りも下りも全然大丈夫でした。よかった。

2日目の宿は、駅から離れていたけど、予想以上に立派な旅館でした。とりあえずチェックインして荷物を置いて、時間があったので、化け地蔵と憾満が淵に行ってみました。化け地蔵は、お地蔵様がいっぱい並んでいて、数える度に数が違うという不思議なお地蔵様です。

20060112_6

旅館に戻って、食事の前に貸切風呂に入りましたが、日本酒セットを注文してしまいました。ずっと憧れていた日本酒を浮かべながら入る温泉♪少し酔っ払っちゃったけど、とても気持ちよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月11日 (水)

冬の日光 1日目

P1040112

東武鉄道の特急スペーシアで日光へ。3連休の初日というだけあって、指定席はすべて売り切れだったようです。この日は朝から機械の故障か何かで電車が遅れていて、30分近く到着が遅れてしまいました。今回は無料シャトルバス付のプランだったので、シャトルバスの時間に合わせて行動することにしました。

まずはバスに乗って湯元温泉に向かいました。日帰り入浴もできますが、帰りのバスまで30分程度しかなかったので、あきらめて湯の湖周辺を散策することにしました。湯の湖には温泉が湧いていて、岸に近い湖面から湯気が立っていました。湖の凍っていない部分には鴨がたくさんいて、岸にいる鴨は、近づいても全然逃げる気配もなく、雪の上で寒そうに縮こまっていました。

P1040113

P1040124

再びシャトルバスに乗って、竜頭の滝に向かいました。途中、車窓から戦場ヶ原を見ることができましたが、一面雪に覆われていて、地吹雪が起きていました。

P1040149

竜頭の滝は意外とこぢんまりとしていて、ほとんどが凍っていました。 竜の頭に見えるような見えないような・・・。

P1040157

次のシャトルバスまで2時間近く開いてしまうので、竜頭の滝から中禅寺湖畔にある宿まで歩くことにしました。距離感がわからなかったので、歩き始めてから後悔することに・・・。歩いても歩いても全然着かないのです。しかも歩道がなくて、スリップしながら走る車にビクビクしながら歩きました。途中で二荒山神社中宮祠に寄りましたが、宿に着くまで2時間くらいかかってしまいました。

P1040178

お世話になった宿は、築年数こそ古かったのですが、部屋からの眺めもよく、温泉も気持ちよくて、歩き疲れた体をゆっくり休めることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧