« 今年初 | トップページ | ホットカーペット »

2007年1月31日 (水)

私は機械じゃない!

「産む機械」発言。
本当にひどいですね。
初めて聞いたときは耳を疑いました。
何日経っても怒りや悲しみは消えません。
この一言で傷ついた女性はたくさんいるはずです。
とても厚労相の発言とは思えないですね。
「すぐに訂正したんだし、謝ったからいいじゃないか」
みたいなことをおっしゃっているようですが
(と、私は捉えました)
それで済まされると思っているなら大間違いです。
一度口にした言葉を取り消すことはできないのに。
発言自体許せませんが、開き直った態度も、
軽々しい捉え方も許せません。
そんな人に少子化対策なんてされたくないです。
潔く辞任するべきだと思います。
男性はこの発言に対して、何も感じないのでしょうか。
首相も厳重注意だけで済ませたみたいだし、
擁護する周りの人たちも信じられない。

※以下、Yahoo!ニュースから引用させていただきました。

柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言
1月28日10時34分配信 毎日新聞
 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。少子化対策にかかわる閣僚による、女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、今後批判を強く受けそうだ。


<柳沢厚労相>「産む機械」発言で陳謝 辞任要求は拒否
1月29日13時26分配信 毎日新聞
 柳沢伯夫厚生労働相は29日、「女性は産む機械」などと発言したことについて、厚生労働省内で記者団に対し「まったく不適切で女性の方の気持ちを傷つけてしまったことを深くおわびする」と陳謝した。柳沢厚労相はこれに先立ち、安倍晋三首相に電話し、自らの発言について釈明した。塩崎長官が29日午前の記者会見で明らかにしたもので、首相は「このような不適切な発言のないように」と厳重に注意した。
 柳沢厚労相は塩崎恭久長官にも電話をかけ、自身の発言について「少子化の流れや社会の人口変化を説明する中で、分かりやすいよう例え話を使ったが、それが適切ではなかった」と説明した。記者団には「人口推計の話は難しく、経済に携わってきた者として、類似の例で説明しようとした」などと語った。
 柳沢氏はただ、野党からの辞任要求については「(発言後)ただちに適切でないと判断し、表現をやめ、すぐにおわびをした。本意でないことはハッキリしている」と記者団に述べ、拒否した。塩崎長官も会見で、「間違いなく不適切だったと私も思うが、直ちに訂正している。結果を政策で出していくことが大事だ」と、辞任の必要はないとの認識を示した。

|

« 今年初 | トップページ | ホットカーペット »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154772/13732947

この記事へのトラックバック一覧です: 私は機械じゃない!:

« 今年初 | トップページ | ホットカーペット »