« 健康診断 | トップページ | 上野動物園 »

2005年11月26日 (土)

祖母の一周忌

先週の土曜日は、父方の祖母の一周忌でした。

一年前の11月19日早朝、母からの電話で祖母の死を知りました。父はどうしても仕事が休めなかったようで、翌日駆けつけたときには、荼毘にふされた後でした。どういう事情があったのかはわかりませんが、せめて父のことを待ってほしかったです。最後に祖母の顔を見られなかった父は、本当に気の毒でした。通夜は自宅で行われ、お坊さんのお経に合わせて、近所の方々が一緒にお経を読んでくださいました。その間に、親族が交替でコップにお水を注いで、祖母の霊前にお供えします。これは地方独特のやり方なのでしょうか。みんなにお経を読んでもらって見送られた祖母は幸せだなぁと思いました。一周忌はまた別の日に行うということで、たぶん行けないと思いますが、こうやって思い出すことが少しでも供養になればと思っています。私の自己満足かもしれませんが。

祖母のことでは、今でも悔やまれることがあります。家庭の事情で、祖母には小学生以来会っていなかったのです。3年前に会いに行ったときには、アルツハイマーで父のことすらわかっていないような状態でした。そのとき父から「おばあちゃんはとてもかわいがってくれていたんだよ。」と教えてもらいました。もっとおばあちゃん孝行をすればよかった…。気づいたときにはもう遅かったのです。『孝行をしたいときには親はなし』という言葉が頭をよぎりました。親を粗末に扱ってはいけない。つい忘れがちなことを、祖母から思い出させてもらったような気がしました。親だけでなく、家族、そしていつも支えてくれている周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、これからも過ごしたいと思います。

|

« 健康診断 | トップページ | 上野動物園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154772/7334638

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の一周忌:

« 健康診断 | トップページ | 上野動物園 »